St. David's Week 2022

2/25 -3/1   21:00-22:00 (JST)

(English message follows)

 

今年も、やります!ウェールズの守護聖人の祝日を祝う、オンラインイベント!!

今回はテーマを「ウェールズのものづくり」として、食やクラフトのメーカーとのトークを配信します。

時間は毎晩9時から(日本時間) 約1時間の予定です。

 

<トーク内容>

2/25(金) 午後9時~

ゲスト:Carol Jones (キャロル・ジョーンズ)さん

ジャムやプリザーブドのメーカー「Welsh Lady」のオーナーであるキャロルさんに、

Welsh Ladyの誕生秘話やご自慢の味、ウェールズのティータイムなどについて伺います。

ネイティブのウェールズ語会話にもご注耳ください!もちろん、日本語訳付き

Welsh Lady』のウェブサイト

 

2/26(土) 午後9時~

ゲスト:松田行正さん

石川県能登半島の素材を用い、ウェールズで丁寧に蒸留した「のとジン」を作っておられる松田さん。

理想のジンを作るために渡英され、ウェールズの蒸留所にめぐりあわれたことから始まる

能登とウェールズの類似点や人々との交流などを話していただきます。

『のとジン』のウェブサイト

 

2/27(日) 午後9時~

ゲスト:ショーン・スウェリンSion Llwellynさん

ウェールズ人が愛を伝える木彫りの工芸品、ラブスプーンを制作されるショーンさん。

2016年に大阪梅田の阪急百貨店で行なわれた「英国フェア」や、2019年の名古屋高島屋での「英国展」で

ショーンさんの実演を目にされた方もおられるのではないでしょうか?

ラブスプーンについての様々な話題、ご自身についても語っていただきます。

英語でのインタビューです。翻訳付き

ショーンさんのウェブサイト

 

2/28(月) 午後9時~

ゲスト:ジョナサン・ウィリアムスJonathan Williamsさん

ウェールズ人は日本人と同じく海苔を食べることで有名ですが、

その海苔(ラバーブレッド)を伝統的な食べ方ではなく、様々にアレンジしたシーフードメニューを開発し

全英No.1のストリートフードに選ばれた『Cafe Mor』のオーナーシェフ。

昨年に続き、2回目の登場です。前回は朝にペンブロークシャーの海岸まで出かけて手摘みした

生の海苔を見せてくれました。今回もなにかありそうですよ。

前回からのコロナ禍でのウェールズの外食ビジネスなどについても話してくださいます。

英語でのインタビューです。翻訳付き

Cafe Mor」を含む「Pembrokeshire Beachfood Compay」のウェブサイト:

 

そして、守護聖人の祝日当時は

3/1(火) 午後9時~

講師:小池剛史さん (日本カムリ学会代表)

タイトル:St.David's Day だからネギの話

ウェールズの様々側面を研究する日本カムリ学会の代表でいらして

ウェールズ語に堪能な小池剛史さんが、ご自身が見つけられた

ウェールズのネギに関する文献などから、楽しい話題を教えてくださいます。

 

 

 <配信SNS>

下記で視聴いただけます。当日の時刻前にアクセスしてお待ちください。

<Youtube>

「すべての道はウェールズにつながる」チャンネル

 

Now that we are approaching St. David’s Day under the restrictions in Japan, Kansai St. David’s Society again holds an online event “St. David’s Week 2022” co-hosted with Boread Kikaku and the Academic Society of Welsh Studies in Japan.

 

It is a 5-evenings-in-a-row programme from 25th Feb, starting time is 21:00 in Japan, and the duration is around an hour. You can watch the programme on Youtube for free.

 

This year’s theme is “Welsh products” and Yuko Nakauchi of Boreda Kikaku, the MC, interviews 3 guests in Wales, one in Noto, Ishikawa pref.

And on St David’s Day, Takeshi Koike, the representative of the academic Society of Welsh Studies in Japan, gives a lecture on Welsh leeks.

 

Although this event is mainly for Japanese people, since our aim is to introduce unfortunately-not-well-known Wales and Welsh cultures to them, you can enjoy the interviews in English and in Welsh. (they are subtitled in Japanese) So please do join in!

 

Date and Time: Friday, 25th Feb. – Tuesday, 1st Mach

21:00 in Japan (noon in UK)

 

<Guest interviewees>

Fri.,25th Feb.

Mrs Carol Jones of “Welsh Lady” (in Welsh)

https://www.welshladypreserves.com/

 

Sat., 26th Feb.

Mr Yukimasa Matsuda of “Noto Gin” (in Japanese)

He makes craft gin using Noto’s local ingredients at a distillery in Wales

https://www.notogin.com/ (in Japanese)

 

Sun, 27th Feb.

Sion Llewellyn, a lovespoon maker (in English)

https://www.lovespoonsbysionllewellyn.co.uk/

 

Mon., 28th Feb.

Jonathan Williams of “Pembrokeshire Beachfood Company” (in English)

https://beachfood.co.uk/

 

Tue.,1st March

Takeshi Koike, the representative of the Academich Sociey of Welsh Studies in Japan

“Lecture on Welsh Leeks as it is St. David’s Day” (in Japanese)

 

You can watch the programmes here;

<Youtube>

 https://www.youtube.com/channel/UCNg1F91VwBoOCy5pouvuesQ

 

We do hope you enjoy the programme and if possible, please spread this info to your Japanese friends.

 

Diolch!


ウェールズの食べものを語ろう!

Let's talk about Welsh FOODS

2022.2/5(土) 14:00~17:00

Saturday 5th FEB, from 14:00 to 17:00 (JST)

 (English message follows)


ウェルシュケーキにバラブリス、ウェルシュレアビット、
ラヴァーブレッド、カウルと、
ウェールズにはお国自慢の味がいっぱいあります。
それらについておしゃべりしましょう。
最初にウェールズの食文化をスライドをお見せしながらお話しし、
そのあとでそれぞれの料理やお菓子、飲みものについて、
味や思い出などを語り合いたいと思います。

当日は午後2時から5時までを予定していますが、
遅れてのご参加、途中でのご退場もご自由にどうぞ。

なお、このイベントは録画し、後ほどYoutubeの
関西ウェールズ協会のチャンネルで限定公開します。
ご自分のお顔が出るのを躊躇される方はZoomのビデオを
オフになさってください。

また、「聞くだけ専門」でのご参加もOKです。
ご希望の方は、お申し込みの際のアンケートの
「聞くだけ専門」の項にチェックを入れてください。

お申し込みはPeatixで受け付けています。

https://peatix.com/event/3131025/view

 

 

Wales is rich in tasty foods such as Cawl, Welsh rarebit,Laverbread,
Welshcakes, Bara Brith.... What is your favorite?
Have you got a lovely memory about it? Please let us know.

This online meeting is held mainly in Japanese,
but many participants understand spoken English,
and there will be interpretation if needed.
A slide show about Food culture in Wales is given first as ice breakers,
and then we can chat freely.

The online Zoom meeting room is ready 10 minutes before 14:00 (Japan Standard Time)
on the day. You can join and leave anytime after the meeting begins.

Although we hope to have talkative participants, silent listeners are also welcome.
In that case, please tick the corresponding button in the questionnaire when you apply

Thank you and we look forward to your application at Peatix

https://peatix.com/event/3131025/view